肌に届けたい成分を比較して選ぶ化粧水

化粧水を選ぶ場合、肌全体にどのような成分を届けたいかという事を明確にしなければなりません。

そして、届けたい成分を明確にする事が出来たら、その成分がしっかりと配合されているかどうかを比較して行きましょう。そうすれば、今の自分自身が求めている化粧水が見つかります。まず、保湿成分を肌全体に届けたいという場合には、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、グリセリンといった成分が配合されているものを選びましょう。特にこれらは、水分を抱え込む働きも持っている成分なので、潤いをキープしたいという方にピッタリです。

同じ保湿成分であっても、肌の保水力を高めたいといった場合には、ユーカリ抽出液、ライスパワーNo.11エキスといった保湿成分を選ぶべきであり、きちんと成分を比較する事が大切です。続いて、美白成分を肌全体に届けたいという場合には、プラセンタ、ビタミンC誘導体といった成分が配合されているものを選びましょう。ただし、美白成分の中には刺激が強い成分もあります。

その為、現在の肌の状態に合わせて、刺激の強さによっても、美白成分を比較する事が大切です。肌の状態が悪く、乾燥しやすいといった場合には、刺激が弱い上に保湿も期待出来る、プラセンタが配合されている化粧水を選びましょう。一方、肌の状態が良く、健康的であるといった場合には、刺激が強いビタミンC誘導体が配合されている化粧水であっても、肌トラブルが起こる心配はないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *