天然香料の比較、化粧水の質感や品質を保つ成分

香料には化学と天然がありますが、両者の混合体も使われます。

化学香料の原料は石油であり、ベンゼン系に該当するのが通常です。そのベンゼン系を調節することによって、様々な匂いに似せることができます。バラや柑橘系、サンダルウッドやムスクなど、多種類の植物成芳香物質に似せられるのはメリットです。けれども、化粧水に添加すると使った時にかゆみや湿疹の原因になるのが問題となります。天然と比較すると刺激の原因になるため、敏感肌の人は避けるべき成分です。

天然香料というものがあります。それは化粧水に香りづけをしたり、防腐させる効果があります。物によって効果や匂いは変わりますが、皮膚にも精神的にもメリットを与えるのは強みです。バラから抽出した芳香成分の「オイゲニン」は抗炎症作用や美白効果があります。比較的、高価な成分ですから、大量に化粧水に加えると原価は高くなりがちです。バラにも種類がありますが、ダマスクローズやアルバローズ、野バラなど品種も様々となります。ヒノキチオールは抗菌作用と殺菌効果があります。

化粧水の天然防腐剤として使われる機会もあり、匂いも好まれやすい傾向がポイントです。天然にしては防腐作用が強く、メチルパラベンやエタノールの代用として使われる安全成分となります。しかし、少し毒性がありますから、適量を目安に使うべきです。他にはエレミがありますが、ヒノキチオールと比較すると刺激は目立ちます。防腐効果はエレミも強めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *