化粧水の保湿成分を比較してみると

乾燥肌や敏感肌で保湿力の高い化粧水がほしいという場合は、どのような成分が配合されているのかをチェックしてから、選ぶことをお勧めします。

一口に保湿成分といっても、様々な種類があるものですが、ここでは保湿力の高さで定評のあるセラミド、ヒアルロン酸、そして最近注目されているプロテオグリカンを例に挙げてみましょう。まずセラミドですが、他の成分と比較した場合、保湿力に加えて、肌のバリア機能を強化する力に優れています。ですから敏感肌で潤いが足りず、悩んでいる人にはこれがお勧めです。そしてヒアルロン酸ですが、保湿力でいえばセラミドよりもむしろ優れています。ただし最近ではヒアルロン酸単独というよりは、他の成分と一緒に配合されることが増えています。そしてプロテオグリカンです。

この成分はその高い保水力から、軟骨再生のための薬にも配合されています。ヒアルロン酸と比較した場合、保水力は1.3倍以上あるため、このプロテオグリカンを配合する保湿化粧水も多くなっています。また抗炎症作用や、ターンオーバーを促すといった、スキンケアに欠かせない作用があるのも魅力の一つといえます。

胃酸の影響を受けにくいため、化粧水だけでなく、サプリなどで摂ることも可能です。これら3つの成分を比較した場合、バリア強化に優れたセラミド、保水力や抗炎症効果など、様々な機能を併せ持つプロテオグリカン、それらをサポートするヒアルロン酸ということができそうです。化粧水を選ぶ際には、このうちどの成分が配合されているか、チェックしてから購入するといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *