化粧水に含まれるローズヒップエキスとオイルを比較

美白成分を含む「ローズヒップ」にはビタミンCが豊富に含まれています。

主に油溶性であり、酸化しにくい特徴がポイントです。普通のビタミンCは酸化しやすく皮膚にダメージを与えてしまいますが、油溶性だと簡単には劣化しません。しかし、ローズヒップエキスは利点が多いですが、果実に油が残りがちでビタミンCを得にくいのが問題点です。油溶性ビタミンCに期待するなら、エキスではなくオイルの方です。比較すると化粧水に加えやすいのは水溶性であるエキスですが、オイルは化粧水には混ざりません。よって配合するなら乳化剤は使うべきですが、天然の乳化剤を使用して製造した製品の方が安全と言えます。油溶性ビタミンCは皮膚に留まる時間が長く、安定した働きを見せます。比較すると、水溶性のビタミンCは不安定で空気の影響で酸化しやすいのがデメリットです。

よってローズヒップオイルの方が美白にも期待できて、刺激にもなりにくいと言えます。しかし、ローズヒップオイルの脂肪酸がデリケートであり、酸化しやすい問題点があります。ビタミンCだけでは抑えにくいですから、注意すべきです。ローズヒップエキスにはバイオフラボノイドが含まれています。酸化防止の役割も持ちますが、化粧水に加えると劣化を防ぐのが強みです。また、油とビタミンCの酸化も防ぎますから、ローズヒップオイルと混ぜれば機能性は高めになります。比較するとどちらにもメリットと問題点があるのがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *