紫外線を予防する成分を比較、エルゴチオネイン化粧水

5月から9月あたりは紫外線が強く日焼けの原因になります。

特に5月は注意すべきですが、日焼け止めを塗るのに抵抗がある人は「エルゴチオネイン配合化粧水」が使えます。天然由来の成分を配合していますから、酸化亜鉛やチタンといった紫外線散乱、吸収剤とは働きが異なるのが強みです。エルゴチオネインはキノコである霊芝(れいし)あたりから抽出できる天然成分です。特定のキノコや一部の菌が作り出すことが可能な特殊成分であり、紫外線の吸収を妨げる作用があります。

例外な成分ですが、120度の熱を加えても破損しない、効果も弱くならないのが特徴的です。比較的に安全で天然ですから、酸化亜鉛やチタンのようなデメリットもありません。化粧水にも添加しやすく、紫外線予防だけでなく、細胞の修復やターンオーバーの加速を促します。エルゴチオネインの他にはオリーブ果実に含まれている「ヒドロキシチロソール」という成分も機能します。主に美白作用、メラノサイトをブロックしますが、エルゴチオネインと組み合わせは悪くないと言えます。

どちらも天然成分で刺激は弱めです。両者を比較すると、エルゴチオネインは熱に強く肌を再生させる働きはありますが、美白作用はありません。ヒドロキシチロソールは美白させて、紫外線でダメージを受けた肌を整えます。しかし、エルゴチオネインより紫外線予防作用はないです。理想的なのが両者の成分を化粧水に添加していることです。比較的にエルゴチオネインのように珍しい成分は少ないです。熱に強いのは特徴となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *