隠れ乾燥が原因の脂性肌のための化粧品選び

脂性肌とは皮脂分泌が多いため、洗顔をしてもすぐに肌がべたついてしまう体質を指します。

化粧をするとテカリが目立ち、ニキビができやすいという特徴を持ちます。そんな脂性肌に人気なのが、洗浄力の強い洗顔料やクレンジング剤です。皮脂汚れをよく落とすことができるものの、そこには落とし穴があります。皮脂分泌が多い肌の場合、元々は乾燥が原因であることがよくあります。普段べたつきのある肌をしていながら、洗顔をすると肌がつっぱったり、粉が吹いているような人は隠れ乾燥肌である可能性が高くなります。

乾燥肌が潜んでいる場合、保湿効果の高い化粧品でケアをしましょう。余計にべたつくからと保湿化粧品を避ける人がいますが、乾燥が進むと荒れた肌を守ろうと皮脂の分泌が増してしまいますので、思い込みは避け、試しに使用してみましょう。使用感が満足できない理由として、安価な保湿化粧品を選ぶのが原因としてあります。高価な化粧品なら保湿成分がふんだんに使われている割には、つけ心地のよいものが揃っています。保湿成分の中でもセラミドがおすすめです。

乾燥を防ぐには水分を肌にとどめる力が必要ですが、セラミドがこの役割を担っています。加齢に伴い減少しやすい成分ですから、年齢肌が気になる人の対策としても利用できます。肌が潤えば角質が柔らかくなり、毛穴の詰まりやニキビができにくくなりますので、肌トラブルの減少も見込めます。化粧水の後にクリームでパックをすると、保湿効果がさらに高まります。
ロダンフィールズのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *