敏感肌の人におすすめの化粧品

敏感肌の人は化粧品選びで苦労していることが多いものです。

敏感肌とは、色々な要因により肌のバリア機能が弱くなり、少しの刺激でもピリピリした感じやかゆみ、赤みなどを生じてしまう状態で、生まれつき肌が弱い体質の人もいれば、季節の変わり目などの環境の影響や体調が悪いことによって肌が敏感な状態になってしまうこともあります。敏感肌の人がスキンケア用の化粧品を選ぶ時にポイントとなるのが、低刺激な化粧品であるかどうかです。肌に刺激になる成分としてよく名前が挙がるのが、保存料や防腐剤として使われるメチル、ブチル、エチルパラベン、フェノキシエタノールなどで、これらが成分表に入っている製品は敏感肌の人は避けた方が無難です。

また、洗顔料に含まれる合成界面活性剤も肌への刺激が強いとされ、他には合成着色料や合成香料にも気をつけた方が良いでしょう。敏感肌の人は、化粧品を買って使ってみては、合わなくてまた別のものを探すということを繰り返すことが多いです。自分の肌に合わないと思った製品の成分表をメモに残しておくと、段々自分にとって刺激になる成分が何なのかがわかってくるため、敏感肌の人の適切なスキンケア製品選びに役立ちます。

また、サンプルをもらえるスキンケア製品であれば、実際に使用して肌に刺激が起こらないかどうかを確かめてから正規の品を買うようにすると、合わなくて捨てるという無駄が無くなるのでおすすめです。最後に、敏感肌の人は皮膚を清潔に保ち、肌のバリア機能を整えられるようなケアをすることが望ましいです。そのためには、洗顔の時にマイルドな洗浄力の洗顔料を使って皮脂を取り過ぎない工夫をしたり、肌に潤いを与える保湿成分(ヒアルロン酸やコラーゲン、ライスパワーエキスなど)とその潤いを逃がさないための保護成分(スクワランやワセリン、セラミドなど)が含まれた化粧品でしっかりした保湿を行うことが重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *