肌質に合わせた化粧品選び

化粧水などの基礎化粧品を選ぶ際には、肌質に合わせて選ぶ必要があります。

洗顔後、化粧水を何もつけないで放置した肌の状態によって肌質がわかります。部分的にかさつきがあったり、肌全体が突っ張る場合には乾燥肌、ツッパリ感はないものの、Tゾーンにも皮脂が出てこない場合には普通肌、Tゾーンの皮脂が気になりつつも肌全体はしっとりしている場合には脂性肌、肌全体にツッパリ感があり、Tゾーンの皮脂が気になる場合には混合肌になります。

肌質に合わせて化粧品を選ぶことで、皮脂分泌のバランスの改善も可能になります。乾燥肌の人が化粧品を選ぶ場合には、水分を与えることばかりに目を向けるのではなく、補った水分が蒸発しないようにすることが重要です。そのため、角質細胞の間をつなぐ脂質であるセラミドなどが配合されているタイプを使用することです。脂性肌の人の場合には、皮脂のテカリが気になるからとあぶらとり紙で何度も油分を吸収したり、洗顔しすぎると肌が乾燥して、さらに皮脂が分泌される悪循環に陥ることがあります。

そのため、脂性肌の人でも、適度に保湿を行うことがポイントです。皮脂が気になる部分には、収れん効果のある化粧品を使っても、それ以外の部分は油分の少ない乳液などで保湿を行うことです。混合肌のようにカサつく部分とテカル部分がある場合には、テカル部分に合わせてさっぱりタイプを使いがちですが、肌に合わせて化粧品を使い分けることがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *