オフィス家具買取業者の選定ポイント

オフィスの移転や閉鎖、レイアウト変更など不要なオフィス家具が発生するケースは多々ありますが、そのような場合は専門の業者に買い取ってもらうことをおすすめします。
オフィス家具の買取業者を利用すれば、処分に要する手間や費用がかからないばかりでなく、予想よりも高額で買い取ってもらえる可能性もありますが、買取業者を選ぶ際は必ず出張エリアを確認しましょう。

オフィス家具の買取情報をご紹介いたします。

オフィス家具を売却する場合、基本的には業者にオフィスまで来てもらい、直接査定してもらう必要があるため、そもそも出張エリア外だった場合は売却することができません。


持ち込みが可能な業者であれば、出張エリア外であっても対応してもらえますが、持ち込みする場合は自分たちで運搬する必要があるので注意が必要です。


また、ほとんどの業者は買取したオフィス家具を運び出すための運搬費が発生します。


運搬費は業者によって異なりますが、トラック1台分で8〜10万円ほどかかるのが一般的です。
売却点数が少ない場合、買取額よりも運搬費が高くなってしまうこともあるので、業者選びの際は運搬費についても確認しておくことが大切です。

ただし、自分たちで持ち込んだ場合は運搬費がかからないので、売却点数が少ない場合は持ち込みをすることも検討してみてください。



また、不要になったオフィス家具を無料で回収している業者も存在するので、運搬費が買取額よりも高くなることが予想される場合は、このような業者を利用するのも良いでしょう。